Checklist of vascular plant on Algific talus slopes in South Korea
最新バージョン Biodiversity Data Journal によって公開 2024/07/25 Biodiversity Data Journal

This is a list of plants in South Korea

DwC A EML RTF バージョン 権利
データ レコード

この チェックリスト リソース内のデータは、1 つまたは複数のデータ テーブルとして生物多様性データを共有するための標準化された形式であるダーウィン コア アーカイブ (DwC-A) として公開されています。 コア データ テーブルには、1,052 レコードが含まれています。

拡張データ テーブルは1 件存在しています。拡張レコードは、コアのレコードについての追加情報を提供するものです。 各拡張データ テーブル内のレコード数を以下に示します。

  • Taxon (コア)
    1052
  • Occurrence 
    4433

この IPT はデータをアーカイブし、データ リポジトリとして機能します。データとリソースのメタデータは、 ダウンロード セクションからダウンロードできます。 バージョン テーブルから公開可能な他のバージョンを閲覧でき、リソースに加えられた変更を知ることができます。

ダウンロード

DwC-A形式のリソース データまたは EML / RTF 形式のリソース メタデータの最新バージョンをダウンロード:

DwC ファイルとしてのデータ ダウンロード 1,052 レコード English で (114 kB) - 更新頻度: unknown
EML ファイルとしてのメタデータ ダウンロード English で (8 kB)
RTF ファイルとしてのメタデータ ダウンロード English で (8 kB)
バージョン

次の表は、公にアクセス可能な公開バージョンのリソースのみ表示しています。

権利

研究者は権利に関する下記ステートメントを尊重する必要があります。:

パブリッシャーとライセンス保持者権利者は Biodiversity Data Journal。 This work is licensed under a Creative Commons Attribution (CC-BY) 4.0 License.

GBIF登録

このリソースは GBIF に登録されていません。

キーワード

Checklist; Inventoryregional

連絡先

リソースを作成した人:

Jong-Won Lee
Post-Doctor
Korea National Arboretum
916-70 Punchbowl-ro, Haean-myeon
24564 Yanggu-gun
Gangwon-do
KR
+821048957323

リソースに関する質問に答えることができる人:

Jong-Bin An
Researsher
Korea National Arboretum
916-70 Punchbowl-ro, Haean-myeon
24564 Yanggu-gun
Gangwon-do
KR
+821036188688

メタデータを記載した人:

Jong-Won Lee
Post-Doctor
Korea National Arboretum
916-70 Punchbowl-ro, Haean-myeon
24564 Yanggu-gun
Gangwon-do
KR
+821048957323

他に、リソースに関連付けられていた人:

データ利用者
Jong-Won Lee
Post-Doctor
Korea National Arboretum
地理的範囲

South Korea

座標(緯度経度) 南 西 [32.99, 124.541], 北 東 [38.531, 130.1]
プロジェクトデータ

In order to start the OECMs (Other Effective Area-based Conservation Measures) recommended by IUCN, the Korea National Arboretum Forest Genetic Resources Protected Area team includes a plant distribution resource survey as a target designated as a wind hole that has been studied as suitable for OECMs.

タイトル The research of biodiversity conservation and management for forest genetic resources protected area of Korea
識別子 Jong Bin An
ファンデイング Korea Forest Service
Study Area Description The wind cave has a steep slope, and old bedrock such as the Cretaceous layer of the Mesozoic Era is exposed behind it, and it is widely developed at the end of the mountain foot, which is the point where the mountain and the flat land meet. Also, wind holes appear mainly in northwest and northern slopes in terms of direction, where insolation is low and there is little variation in temperature. In particular, it develops in scree, rock formations, and rock formations created by the deposition of debris on slopes through the topographical development process in the glacier environment during the Pleistocene glacial period. In addition, wind holes are wind holes, rock crevices, or natural caves where cold air comes out or ice freezes in summer and warm wind blows in winter. The phenomenon appears locally.
研究の意図、目的、背景など(デザイン) A wind hole is an island refuge where northern plants, polar and alpine plants, etc., which moved south to avoid the cold of the north during the last glacial epoch, are adapted to and isolated from the cold and dry local climatic environment of the wind hole during the process of vegetation transition and migration during the interglacial period. (insular refugia). Many northern plants, which are vulnerable to climate warming, grow naturally in these wind holes, and in particular, Vaccinium vitis-idaea, which is found mainly in the subalpine zone in South Korea, grows in wind holes with relatively low altitudes on the vertical distribution of plants in the Korean Peninsula.

プロジェクトに携わる要員:

論文著者
Jong-Won Lee
収集方法

Over several years, we collected plants that could be sampled by season.

Study Extent Plant distribution characteristics can be identified according to the type and region of air hole.

Method step description:

  1. Increased the taxonomic scope to listen to taxon experts.
追加のメタデータ